春大会2戦目を終えて

こんにちは。4年の二塚です。

 

春大会2回戦、対法政戦が終わりました。

 

結果は2-4で逆転負け。
この結果が全てを意味していると思います。

 

春大会は全ての順位決定戦がある為、まだ2試合残っていますが、残り全て勝っても5位。

まずはこの現状を受け止め、あと2試合、チームとして何が出来るか。次の試合まで一週間もありませんが、もう一度チームのまとまりを見せられるように過ごしたいと思います。

 

不甲斐ない結果となりましたが、応援ありがとうございました。

0 コメント

春大会初戦を終えて

こんにちは。4年の長原です。


4月9日に行われた秩父宮杯、初戦である立教大学との試合は東洋大学の持ち味のプレーをすることができ、幸先の良いスタートを切ることができました。しかし、まだまだ試合は続くので今よりもレベルアップできるよう練習に取り組んで行きたいと思います。
また、新1年生も加わったことで去年よりも選手層が厚くなったことでレギュラー争いが激化し、チーム内でもいい刺激になっているので東洋大学アイスホッケー部のこれからの進化を期待してください。


応援してくださる皆様のためにも東洋大学アイスホッケー部は努力を惜しみませんので応援のほど宜しくお願いします‼

0 コメント

新チーム 春合宿

こんにちは。今シーズンキャプテンを務めさせていただきます山田大雅です。


僕達は新チームになり早速苫小牧で合宿を行っています。今季は春の選手権、秋リーグ、インカレでの三冠達成と全日本選手権ベスト4を目標に掲げスタートしました。

 

ここ最近はあと一歩というところで優勝を逃す大会が続いています。ですが、その一歩が届かないという所に自分達の弱さがあるのだと思います。今年はそういった所を埋めるために今までの倍の努力をする覚悟を持って全員が日々練習に励んでいます。

そのためかなりハードな合宿となっていますが、こういった合宿や練習などは全て目標を達成する為に必要な事なので全員がそれを理解してハードワークしています。

合宿第1クール目ではありますが僕達選手はかなりの手応えをつかんでいます。

また、来週には合宿の拠点を韓国へ移し仕上げて行きます。

 

最後まで全員で一致団結して乗り越えれば必ず結果はついて来ると思うので今年こそは大学を始めとする日々東洋大学アイスホッケー部をサポートして下さっている方々へ結果で恩返しする事を約束します。

 

明日から第2クールが始まりますが、先ずは春の選手権に向けて頑張りますので応援よろしくお願い致します。

 

1 コメント

ユニバーシアード 古川駿

 

社会学部社会福祉学科2年 ゴールキーパーの古川駿です。

 

僕たちは現在ユニバーシアードに出場するため、カザフスタンのアルマティという都市に来ています。

カザフスタンはまだアルマティしか見たことはないですが、のどかな田舎町のような印象でとても落ち着きます。僕たちの過ごしているところは「学生のためのオリンピック」と言われているだけあり、かなり盛り上がっています。選手村の近くにリンクがあるのですが、大きすぎてかなり興奮しました。

 

チームメイトは大学リーグでの顔なじみばかりなのでかなり話しやすいです。今回の遠征でコミュニケーションをいっぱいとってもっと仲良くなり、大会でもチームワークを生かしてメダルを取れるように頑張りたいと思います。

 

僕自身日本代表として大会に出るのは久しぶりなので、緊張もしてますがとても楽しみです。

現地での練習も始まりました。今シーズン最後の大会です。応援よろしくお願いします!

 

1 コメント

インカレを終えて

 

 

こんにちは、今シーズン1年間主将を務めさせていただきました4年の人里です。

 

インカレの3位決定戦をもちまして東洋大学アイスホッケー部としての活動を終了しました。

結果は3位と満足のいく結果とはかけ離れたものになってしまいましたが、準決勝の中央大学戦では全力を出し切りその末の敗戦だったので悔しい気持ちよりもやり切った感が強かったです。

 

僕たち四年生は今回の大会で終わってしまいましたが、東洋大学アイスホッケー部はまだまだ続きますので、今後も応援よろしくお願いします。

 

 

1年間ありがとうございました。

 

1 コメント

インカレ第3戦

 

 
こんばんは。
東洋大学アイスホッケー部2年の佐藤創太です。
ブログをチェックしてくださっている皆様、いつもありがとうございます。
今後ともよろしくお願い致します。
 
本日は法政大学と対戦し、4対0で勝利しました。
今日は60分間東洋らしくフィジカルなプレーをすることをテーマに試合に臨みました。
最初から足も動いていてフィジカルなプレーが出来ていましたが、反則も多くいいリズムを掴むことが出来ませんでした。
ですが、60分間同じプレーを続けることで点数も入り、結果4-0で完封勝利することが出来ました。


明日は13時から中央大学と試合です。去年のインカレは準決勝で中央大学に敗れているので絶対にリベンジします。
応援よろしくお願いします。

 

0 コメント

インカレ第2戦

 

こんばんは。
東洋大学アイスホッケー部2年の柴田嗣斗です。
ブログをチェックしてくださっている皆様、いつもありがとうございます。
今後ともよろしくお願い致します。

 

本日は青山学院大学と対戦して6対0で勝利しました。
今日の試合は昨日の試合に引き続き先制点も上げて、立ち上がりから足が動いていて東洋らしい走ってフィジカルで良いプレーができていました。

ですが2Pから点差が開いてきて次第にミスが続いたり、個人プレーをして取られたりと悪いプレーが続いていて、試合途中でタイムアウトを取ってからプレーが少し戻って、完封勝利をできましたが課題の多い試合だったと感じます。

 

明日は12時30分から法政大学と白鳥アイスアリーナで試合があるので、応援宜しくお願いします。

 

0 コメント

インカレ初戦を終えて

 

東洋選手ブログをご覧の皆さんこんにちは。
2年FW 阿部魁です。

 

本日行われた、インカレ初戦は関西学院大学と試合をし、16-0で勝利しました。

今日の試合は個人的に試合開始早々得点でき、みんな足も動いていてしっかりフィジカルなプレーもしていて60分間東洋らしいホッケーができたと思います。ただ、フィジカルに行くと同時に反則をしてしまってキルプレーの時間が多々ありましたが、相手にパックをキープさせずにしっかり自分達のパックにして相手陣地でプレーをできていました。


課題としては、5-3のパワープレーで点数を決めることができなかったのでセットの人で話し合って改善しなければいけないと思います。今日は点差が開いても最後まで走り、攻め続け失点0で終われたので明日の試合も継続して東洋のホッケーを60分間したいと思います。また、このインカレは4年生にとって最後の大会なので下級生である私たちは4年生を優勝という最高の形で終われるように一生懸命プレーします。


 いつも応援してくださっているみなさんには本当に感謝しています。感謝の気持ちを忘れず結果で恩返しするので引き続き熱い応援の方をよろしくお願い致します。

明日も18番阿部に注目してください!!!

 

 

0 コメント

インカレ開幕

 

 

こんばんは。
東洋大学アイスホッケー部2年坂本渓太です。
ブログをチェックしてくださってる皆さま、いつもありがとうございます。
今後もよろしくお願いします。

 

 

東洋大学アイスホッケー部は12月23日から苫小牧で合宿を行う予定でしたが、大雪の影響で飛行機が欠航になり、翌日東京ー新函館ー苫小牧と新幹線と電車の乗り継ぎをし無事苫小牧に着きました。

 

合宿では1日2回の氷上練習でコンディションを整え、万全な状態に仕上げてきました。

 

そして明日からインカレが始まります。
秋リーグは悔しい結果に終わり、そこから約1ヶ月間チーム全員でインカレに向けて努力してきました。
また、4年生とプレーできるのもあと数試合です。
どんな相手でも東洋らしく走って当たってを心がけ一人一人が自分の役割を果たし、チーム全員が同じ方向へ向かい、全力で戦って優勝します。
応援よろしくお願いします。

 

0 コメント

2017IIHF男子U20世界選手権

こんにちは。
東洋大学アイスホッケー部二年の渡邉です。
ブログをチェックしてくださっている皆様、いつもありがとうございます。
今後ともよろしくお願い致します。
今回、11月28日〜12月18日にエストニアで開催された2017IIHF男子U20世界選手権のメンバーに選出された為、合宿地と大会地であるドイツ・イタリア・エストニアに行ってきました。
今回の合宿と大会の流れはまずドイツへ行き、11月28日〜12月4日まで合宿 、12月5日〜12月7日イタリアと2試合テストマッチ 、12月8日〜12月17日 調整と大会と言う日程でした。
最初に合宿地のドイツのフッセンに行く為、飛行機とバスを乗り継ぎ12時間以上かけて合宿地のフッセンに行きました。フッセンの滞在期間は6日間で、氷上練習は2回あり陸トレもありました。夜はミーティングかチームビルディングが行われ、チームビルディングでは初めて会う選手がたくさんいる中、お互いを知ったり友情を深めたりチームマインドを決めたりしました。
1日だけ午後にオフがあり、フッセンの街を観光したり散歩したりしました。フッセンの印象は自然が豊かで地元の日光の様な感じでした。
イタリアにはバスで向かい3時間くらいで着きました。一試合目のイタリアとのテストマッチはこのチームの初めての試合ともあり、みんな硬くなっていて負けてしまいました。しかし二試合目はみんな硬さがとれ、日本らしいホッケーができたため勝利でき、テストマッチは一勝一敗で終わりました。
大会地エストニアのタリンには飛行機を乗り継いで行きました。タリンでの大会が行われるリンクはメインリンクが一つとサブリンクが二つある大きい施設でした。
大会初戦は地元チームのエストニアと完全アウェーでしたが、しっかり勝てました。この試合では水田が先発マスクを被りチームmvpも貰いました。その後のクロアチア・オランダ・ルーマニアは危なげなく勝利できました。
最終戦はリトアニア。この世代のU-18では負けている相手で全勝対決で勝った方が優勝・昇格でした。リトアニアはエストニアに近い事もあり、リトアニアの応援が来ていたため、ブーイングなども浴びせられ、エストニア戦よりもアウェーな感じでした。最初に2点先制したのですが同点、逆転と許してしまい負けてしまいました。
今回、僕自身初めての日本代表で海外の相手に自分がどの程度できるか分からなかったのですが、この大会を通して自分がどこを磨かないといけないかどこをもっと改善しないといけないかがはっきりわかりました。次は苫小牧でインカレですが、優勝目指して頑張りますので応援よろしくお願いします。
長くなってしまいましたが、最後までお読み頂き、ありがとうございました。

0 コメント

関西遠征

こんにちは。

東洋大学アイスホッケー部主務の二塚です。

ブログをチェックしてくださっている皆様、いつもありがとうございます。

今後ともよろしくお願い致します。

 

さて、12月3,4日で関西大学とのテストマッチの為、関西遠征に行って来ました。

2日間で2試合、東京からバス移動して来た選手にとっては、かなりタフな試合でしたが、結果は5-4と4-0で、2試合とも勝利致しました。

1試合目は移動の疲れからか、全体的に動きが良くなく、先制点を許してしまい、その後も入れては返されの繰り返しでした。

なんとか終了間際に逆転に成功し、勝利することが出来ましたが、2試合目に課題が残る試合となってしまいました。

 

そして、翌日の2試合目、2試合目は変則的なルールで行われ、1,2ピリは通常通り行い、3ピリは両チームがパワープレーとキルプレーを行う、というルールでした。

序盤から東洋のプレーを続け、1ピリに3点という大量得点を奪えました。

2ピリは無得点でしたが、大きなピンチもなく、安定していました。

3ピリは5-3と4-3を、正味3分ずつ両チームとも行いましたが、双方とも決めれず、そのまま試合終了となりました。

 

今回の遠征はU20日本代表組が不参加だったため、少人数でしたが、全員でプレーし、2試合とも勝てた事は良かったと思います。

12月10日に、もう1度関西大学と東京で試合を行いますが、地の利も活かしながら、勝てるように頑張ります。

 

長くなってしまいましたが、最後までお読み頂き、ありがとうございました。

0 コメント

秋リーグ終了

こんにちは、主将の人里です。

 

秋リーグではたくさんの応援ありがとうございました。我々選手は本当にたくさんの方に応援していただき、支えられ、今このチームでプレーできていることに感謝しています。

 

リーグ戦は14試合9勝1敗4分け、3位という結果で終わりました。

3位という結果は全く満足できる結果ではなく、優勝するチャンスがあっただけにとても悔しい気持ちです。

僕が入学してから優勝することができず、毎年悔しい思いをし、最終学年になった今年こそは絶対に優勝したいと強い気持ちで臨んだリーグ戦でしたがこのような結果で終わってしまい、残念な気持ちと、応援してくださる方に申し訳ない気持ちでいっぱいです。ですが、まだインカレという舞台が残っているのでそこで必ず結果を残し、大学の方や保護者、チーム関係者などたくさんの人に恩返しをしたいと思っています。

リーグ後半戦では優勝をかけての3連戦で負けたら終わりという中の初戦、中央大学戦ではチームが一つになり、今年のベストゲームではないかというような試合ができ5‐2で勝ち、その後の明治大学戦では今まで経験したことのない優勝へのプレッシャーなどで動きが硬く本来のプレーをすることができず2‐5の完敗。この時点で優勝はなくなってしまいました。

この時点で順位は決まっていましたが、リーグ最終戦、4年生にとっては東伏見でのラストゲームとなる早稲田大学との試合が残っていました。4年間たくさん練習や試合をしてきたリンクでの最後の試合と考えると少し寂しい気持ちにもなりました。

僕たち東洋大学にとっても非常に大事な試合になる、と監督から言われていて序盤は少し硬さがありましたが点数が入り落ち着きを取り戻し普段の東洋ホッケーができてよかったと思いました。終盤に連続失点をしてしまい勝つことはできませんでした。僕たち4年生にとって最後の試合だっただけに、本当に勝って締めくくりたかったので残念な気持ちでした。

 

これからはインカレまでの1カ月間、秋リーグで見つかった修正点をしっかりと改善し1月の大会に向けて準備し、インカレでは最高のパフォーマンスをできるように日々、全力で頑張りたいと思います。

応援よろしくお願いします。

 

0 コメント

明治戦を終えて

東洋選手ブログをご覧のみなさんこんにちは。

3年GK 梅庭宏仁です。

 

本日行われた、明治大学との試合は2-5で敗れてしまいました。

 

 今日の試合を振り返ってみますと、先日の中央大学戦と同じく、先に2点取られて追いかける展開となってしまいました。選手の全員は今日負けたら秋リーグ優勝、全日本選手権の出場権を逃してしまう事を知っていたのでもちろん諦めたり下を向く選手はいませんでした。ですが、勝たなきゃいけないプレッシャーや緊張からか、東洋のホッケースタイルである、スピード、フィジカルプレーがスタートから思ったようにできていませんでした。内容的にはスコアリングチャンスは明治大学と同じくらい多々ありました。ですが決めることが出来ず第2ピリオドを終えて0-5。試合を上から見ていた私も多少感情を抑えきれない部分もありましたが最後まで選手達を信じてサポートしようと思いました。

 

第3ピリオド前に監督から「東洋のプライドと意地を見せてほしい」という言葉に選手達は闘志を取り戻し2点取り結果的には2-5で負けてしまいましたが東洋の意地は見せてくれたと思います。

 

この敗戦で秋リーグ優勝と全日本選手権の出場は出来ませんが、まだ27日最終戦の早稲田戦が残っています。最後の大会であるインカレに向けて大事な試合です。負けた事は引きずってもなんのプラスにもなりません。私達はインカレ優勝に向け気持ちを切り替えて努力するだけです。そのために最終戦、気持ちを入れ直し東洋のホッケーを60分間プレーして勝利し、インカレに繋げたいと思います。

 

最後になりますが、いつも東洋アイスホッケー部を応援してくださっている皆様、引き続き熱い応援をよろしくお願いいたします。共に戦いましょう!!!

0 コメント

中央に勝利!

こんにちは、3年長原和志です。

 

先日行われた、中央大学との試合は5-2で勝利することができました。

 

立ち上がり早々に2失点はしたものの、焦らずに東洋のホッケーを続けたことにより得点を重ねることができました。全員がHard Workをし、シンプルにプレーが出来ていた結果だと思います。この結果が生まれたのは、全員が目的をしっかりと持ち、その目的のために積み重ねて来た自信によるものだと思います。その自信からか、いつもの試合とは違い試合中、ベンチ内と前向きな声が多かったと感じます。

 

反省点としては、試合開始早々に失点したことが挙げられます。その点を改善できるようにし、あとは各個人の改善するべきところを改善して、次の明治戦に向かっていきたいと思います。

 

残すところ2戦となった秋リーグですが、僕たちだけの力だけではなく、応援してくださる皆さんと勝ち進んで行きたいと思いますので応援のほど宜しくお願いします。

0 コメント

秋リーグ後半戦 スタート!!

 

こんにちは、3年成田壱皇です。

 

 現在アイスホッケー部は秋リーグ真っ只中ですが、毎週末の試合に向けて毎日氷上練習やウェイトトレーニングに明け暮れています。

 

 秋リーグの前半戦は引き分けはあったものの、負けなしで後半戦へ折り返しています。前半戦のチームの反省点はいつも課題となる反則を抑えることであったり、もっとフィジカルにプレーすることや、システム面の再確認など多くあります。春大会のリベンジをするためには少しでもミスを無くし、東洋らしいスピード、フィジカルなプレーをすることで優勝が見えてくると思います。


 個人的の反省点は、ここ最近反則が多くチームの勢いを落としてしまっているので、後半戦は逆にチームに勢いを与えるようなプレーでゴールに絡んでいきたいです。


 ここ数年なかなか勝てていない中央、明治、相手にも一年生から四年生全員で一丸となって今年こそは必ず優勝する意気込みでチャレンジャー精神で挑み、春大会のリベンジをします。

 

最後になりますが、後半戦も東洋らしいホッケーでリンクを沸かせるので、是非リンクに足を運んで応援よろしくお願いします。

 

 

0 コメント

秋リーグ開幕!

こんにちは、3年山田大雅です。

 

先日僕達は8月12日から八戸〜苫小牧と続いた夏合宿の全日程を終え帰京しました。夏合宿では1日2回の氷上練習の後に陸上トレーニングやウエイトトレーニング行いました。身体的にもメンタル的にもかなりキツい合宿ではありましたが、チーム全体で助け合いながら共に乗り越えることができたため、とても成長したことを実感した合宿でした。合宿の中で韓国の延世大学と練習試合をしました。他国の大学なかなか試合が出来る機会が少ない為いい刺激となりました。また、八戸では東北フリーブレイズ、苫小牧では王子イーグルスといったプロチームとも練習試合をしていただき、勝つ事は出来ませんでしたが、色々と勉強になることがあり、貴重な体験をしました。

 

夏合宿最後のサマーカップでは2回戦敗退し、敗者戦を戦い位という結果に終わりました。目標の優勝とはなりませんでした。課題は勿論ですが、自分達の自信になる物も得られた大会となりました。

 

そして今日からリーグ戦が開幕します。自分達が4月からやって来たことを全て出し切り、今年の目標の1つでもある秋リーグ優勝をするためにチーム一丸となって戦います。

 

0 コメント

陸トレが始まりました!

秩父宮杯を終え、自主トレ期間でそれぞれ体を調整し、

先週からチーム全体として陸上トレーニングが始まりました。

 

陸トレ初日に6種目の体力測定を行ない、

このスコアをもとに、選手各自が目標設定をしました。

 

これからの陸トレ期間にそれぞれのスキルアップが期待されます。

 

 

また先日、GK34古川駿が他校のGKと対談した様子が

Tokyo Icehockey Channelにて特集されています。

 

ぜひご覧ください!

 

http://icehockey-ch.com/2016-interview-4gk-1

0 コメント

秩父宮杯を終えて

こんにちは。
今シーズン主将を務めます人里 茂樹です。

 

先週の早稲田戦のことを書きたいと思います。
結果は5-2で勝利し大会を3位で終えました。

試合終盤まで相手チームを0点で抑えていたのですが、自分たちの守りの簡単なミスで相手チームに得点を許してしまい、完封勝利とはなりませんでした。
この試合の2日前には選手だけでミーティングをし中央大学戦での反省を行いました。

そこでキーワードとして出たのがDゾーンのコミュニケーションとペナルティのことでした。早稲田大学戦ではペナルティが少なくとても良かったと感じています。ですが、Dゾーンのミスで失点してしまったことはまだまだ反省しなければいけないことだと思います。

 

今回の大会では優勝を目指し春の合宿からスタートしましたが、3位という結果に終わってしまいとても悔しいです。
次の試合までは期間が空くので今回の大会で良くなかったことを反省しそれを改善して次の大会に向かいたいと思います。

チームとしては8日までOFFに入り次の週から陸トレ、ウエイトトレーニングがスタートします。残りの大会でしっかりといい結果を出すためにオフアイスのトレーニングから頑張りたいと思います。

0 コメント

秩父宮杯 3回戦を終えて

皆さんこんにちは。
今年度 副主将を務めさせて頂いております、宮倉翔太です。

 

23日の土曜日に、秩父宮杯 準決勝 vs中央大学戦がありました。結果から報告させていただきますと、4対4のスコアで、延長戦ののち、PSで負けてしまいました。

 

この中央大学という相手は、この前のインカレだけではなく、毎年毎年、悔しい思いをして負けてしまうチームであり、三冠を狙うこのチームにとって、倒さなければいけない相手の一角でした。選手も日々一生懸命練習していく中、この試合を迎えて、やはり反則が18分間もありました。キルプレーでの失点や、流れを崩すことを無くそうと努力してきましたが、この試合で18分間のキルプレーは、誰が見ても良くないことだと思います。5人対5人でプレーしている部分では、劣ってなく、スコアリングチャンスもかなりあった為に、すごく勿体無い試合でした。ここ三年連続、決勝戦は、中央大と明治大でしたので、今年は東洋大が決勝へ進まなくてはと思っていましたが、とても悔しい試合となってしまいました。

 

決勝へ進むことは出来ませんでしたが、来週の29日の金曜日に、早稲田大学との3位決定戦がありますので、応援の方宜しくお願い致します。


是非、会場へと足を運んでいただき、東洋大学のアイスホッケーを見て頂きたいと思います。

0 コメント

秩父宮杯  2回戦を終えて

こんにちは。
4年の中澤走飛です。

 

先日、行われました法政大学との試合は5-1で勝利することができました。

 

点数は入ったものの1試合を通して見てみると決して良い試合と言えるような内容ではありませんでした。
春合宿から練習してきたDゾーンでのコミュニケーションが上手く取れていなかったり、去年からチームの課題として取り組んできた反則を減らすという点ができておらず満足のいく内容ではなかったように思います。
しかし、そんな中でもPPでのゴールが3つあったこと、反則が多かった中でもPPゴールを許さなかったことは次戦にむけて大きな収穫だったと思います。


今週は昨年3冠を達成した中央大学との試合です。

昨年も準決勝であたり逆転負けをし、非常に悔しい思いをしました。いつでも自分達がチャレンジャーであるという気持ちを忘れずに全力でぶつかっていきたいと思います。


昨年の雪辱を果たし決勝に行けるよう全力で頑張りますので応援よろしくお願いします。

2 コメント

秩父宮杯 1回戦を終えて

皆さんこんにちは。
副主将の田中健太郎です。
 
新チームとして3月9日から苫小牧で合宿をスタートし、3月23日からは東京に練習の場を移して、フィジカルの強化ウェイトトレーニング・陸トレ)、チームシステムの実践力・理解度の向上、個人スキルの向上を目指して練習をしてきました。また、新一年生は入寮式を終え着々と東京での新生活にも慣れてきました。

 

始動から丁度一ヶ月となる4月9日、新チームとして初の公式戦となる秩父宮杯第64回関東大学選手権大会・1回戦において、立ち上がりに少し時間はかかりましたが21-0という結果で立教大学に勝利することが出来ました。合宿と練習の成果がこのようなスコアに繋がったと実感しています。

今後もチームの目標である「優勝」を目指し、毎試合、立ち上がりで良いスタートを切ることを意識するとともに、チャンスを活かしてゴールへと向かう姿勢、そして、決める!という強いメンタリティーを持ち続け、最初のシフトから東洋らしいホッケーをし、全員で守り、全員で攻めるというチームワークを益々高めていきたいと思います。

 

内容も大事だが春の大会はトーナメントということで一発勝負であり結果がすべてです。チーム全員で良い調整をして4月17日の12:30から東伏見ダイドードリンコアイスアリーナで行われる法政大学との準々決勝へと繋げていきたいと思います。

チーム一丸となって目標へと向かっていきますので応援の方を宜しくお願いします。

0 コメント

春大会2戦目を終えて

こんにちは。4年の二塚です。

 

春大会2回戦、対法政戦が終わりました。

 

結果は2-4で逆転負け。
この結果が全てを意味していると思います。

 

春大会は全ての順位決定戦がある為、まだ2試合残っていますが、残り全て勝っても5位。

まずはこの現状を受け止め、あと2試合、チームとして何が出来るか。次の試合まで一週間もありませんが、もう一度チームのまとまりを見せられるように過ごしたいと思います。

 

不甲斐ない結果となりましたが、応援ありがとうございました。

0 コメント

春大会初戦を終えて

こんにちは。4年の長原です。


4月9日に行われた秩父宮杯、初戦である立教大学との試合は東洋大学の持ち味のプレーをすることができ、幸先の良いスタートを切ることができました。しかし、まだまだ試合は続くので今よりもレベルアップできるよう練習に取り組んで行きたいと思います。
また、新1年生も加わったことで去年よりも選手層が厚くなったことでレギュラー争いが激化し、チーム内でもいい刺激になっているので東洋大学アイスホッケー部のこれからの進化を期待してください。


応援してくださる皆様のためにも東洋大学アイスホッケー部は努力を惜しみませんので応援のほど宜しくお願いします‼

0 コメント

新チーム 春合宿

こんにちは。今シーズンキャプテンを務めさせていただきます山田大雅です。


僕達は新チームになり早速苫小牧で合宿を行っています。今季は春の選手権、秋リーグ、インカレでの三冠達成と全日本選手権ベスト4を目標に掲げスタートしました。

 

ここ最近はあと一歩というところで優勝を逃す大会が続いています。ですが、その一歩が届かないという所に自分達の弱さがあるのだと思います。今年はそういった所を埋めるために今までの倍の努力をする覚悟を持って全員が日々練習に励んでいます。

そのためかなりハードな合宿となっていますが、こういった合宿や練習などは全て目標を達成する為に必要な事なので全員がそれを理解してハードワークしています。

合宿第1クール目ではありますが僕達選手はかなりの手応えをつかんでいます。

また、来週には合宿の拠点を韓国へ移し仕上げて行きます。

 

最後まで全員で一致団結して乗り越えれば必ず結果はついて来ると思うので今年こそは大学を始めとする日々東洋大学アイスホッケー部をサポートして下さっている方々へ結果で恩返しする事を約束します。

 

明日から第2クールが始まりますが、先ずは春の選手権に向けて頑張りますので応援よろしくお願い致します。

 

1 コメント

ユニバーシアード 古川駿

 

社会学部社会福祉学科2年 ゴールキーパーの古川駿です。

 

僕たちは現在ユニバーシアードに出場するため、カザフスタンのアルマティという都市に来ています。

カザフスタンはまだアルマティしか見たことはないですが、のどかな田舎町のような印象でとても落ち着きます。僕たちの過ごしているところは「学生のためのオリンピック」と言われているだけあり、かなり盛り上がっています。選手村の近くにリンクがあるのですが、大きすぎてかなり興奮しました。

 

チームメイトは大学リーグでの顔なじみばかりなのでかなり話しやすいです。今回の遠征でコミュニケーションをいっぱいとってもっと仲良くなり、大会でもチームワークを生かしてメダルを取れるように頑張りたいと思います。

 

僕自身日本代表として大会に出るのは久しぶりなので、緊張もしてますがとても楽しみです。

現地での練習も始まりました。今シーズン最後の大会です。応援よろしくお願いします!

 

1 コメント

インカレを終えて

 

 

こんにちは、今シーズン1年間主将を務めさせていただきました4年の人里です。

 

インカレの3位決定戦をもちまして東洋大学アイスホッケー部としての活動を終了しました。

結果は3位と満足のいく結果とはかけ離れたものになってしまいましたが、準決勝の中央大学戦では全力を出し切りその末の敗戦だったので悔しい気持ちよりもやり切った感が強かったです。

 

僕たち四年生は今回の大会で終わってしまいましたが、東洋大学アイスホッケー部はまだまだ続きますので、今後も応援よろしくお願いします。

 

 

1年間ありがとうございました。

 

1 コメント

インカレ第3戦

 

 
こんばんは。
東洋大学アイスホッケー部2年の佐藤創太です。
ブログをチェックしてくださっている皆様、いつもありがとうございます。
今後ともよろしくお願い致します。
 
本日は法政大学と対戦し、4対0で勝利しました。
今日は60分間東洋らしくフィジカルなプレーをすることをテーマに試合に臨みました。
最初から足も動いていてフィジカルなプレーが出来ていましたが、反則も多くいいリズムを掴むことが出来ませんでした。
ですが、60分間同じプレーを続けることで点数も入り、結果4-0で完封勝利することが出来ました。


明日は13時から中央大学と試合です。去年のインカレは準決勝で中央大学に敗れているので絶対にリベンジします。
応援よろしくお願いします。

 

0 コメント

インカレ第2戦

 

こんばんは。
東洋大学アイスホッケー部2年の柴田嗣斗です。
ブログをチェックしてくださっている皆様、いつもありがとうございます。
今後ともよろしくお願い致します。

 

本日は青山学院大学と対戦して6対0で勝利しました。
今日の試合は昨日の試合に引き続き先制点も上げて、立ち上がりから足が動いていて東洋らしい走ってフィジカルで良いプレーができていました。

ですが2Pから点差が開いてきて次第にミスが続いたり、個人プレーをして取られたりと悪いプレーが続いていて、試合途中でタイムアウトを取ってからプレーが少し戻って、完封勝利をできましたが課題の多い試合だったと感じます。

 

明日は12時30分から法政大学と白鳥アイスアリーナで試合があるので、応援宜しくお願いします。

 

0 コメント

インカレ初戦を終えて

 

東洋選手ブログをご覧の皆さんこんにちは。
2年FW 阿部魁です。

 

本日行われた、インカレ初戦は関西学院大学と試合をし、16-0で勝利しました。

今日の試合は個人的に試合開始早々得点でき、みんな足も動いていてしっかりフィジカルなプレーもしていて60分間東洋らしいホッケーができたと思います。ただ、フィジカルに行くと同時に反則をしてしまってキルプレーの時間が多々ありましたが、相手にパックをキープさせずにしっかり自分達のパックにして相手陣地でプレーをできていました。


課題としては、5-3のパワープレーで点数を決めることができなかったのでセットの人で話し合って改善しなければいけないと思います。今日は点差が開いても最後まで走り、攻め続け失点0で終われたので明日の試合も継続して東洋のホッケーを60分間したいと思います。また、このインカレは4年生にとって最後の大会なので下級生である私たちは4年生を優勝という最高の形で終われるように一生懸命プレーします。


 いつも応援してくださっているみなさんには本当に感謝しています。感謝の気持ちを忘れず結果で恩返しするので引き続き熱い応援の方をよろしくお願い致します。

明日も18番阿部に注目してください!!!

 

 

0 コメント

インカレ開幕

 

 

こんばんは。
東洋大学アイスホッケー部2年坂本渓太です。
ブログをチェックしてくださってる皆さま、いつもありがとうございます。
今後もよろしくお願いします。

 

 

東洋大学アイスホッケー部は12月23日から苫小牧で合宿を行う予定でしたが、大雪の影響で飛行機が欠航になり、翌日東京ー新函館ー苫小牧と新幹線と電車の乗り継ぎをし無事苫小牧に着きました。

 

合宿では1日2回の氷上練習でコンディションを整え、万全な状態に仕上げてきました。

 

そして明日からインカレが始まります。
秋リーグは悔しい結果に終わり、そこから約1ヶ月間チーム全員でインカレに向けて努力してきました。
また、4年生とプレーできるのもあと数試合です。
どんな相手でも東洋らしく走って当たってを心がけ一人一人が自分の役割を果たし、チーム全員が同じ方向へ向かい、全力で戦って優勝します。
応援よろしくお願いします。

 

0 コメント

2017IIHF男子U20世界選手権

こんにちは。
東洋大学アイスホッケー部二年の渡邉です。
ブログをチェックしてくださっている皆様、いつもありがとうございます。
今後ともよろしくお願い致します。
今回、11月28日〜12月18日にエストニアで開催された2017IIHF男子U20世界選手権のメンバーに選出された為、合宿地と大会地であるドイツ・イタリア・エストニアに行ってきました。
今回の合宿と大会の流れはまずドイツへ行き、11月28日〜12月4日まで合宿 、12月5日〜12月7日イタリアと2試合テストマッチ 、12月8日〜12月17日 調整と大会と言う日程でした。
最初に合宿地のドイツのフッセンに行く為、飛行機とバスを乗り継ぎ12時間以上かけて合宿地のフッセンに行きました。フッセンの滞在期間は6日間で、氷上練習は2回あり陸トレもありました。夜はミーティングかチームビルディングが行われ、チームビルディングでは初めて会う選手がたくさんいる中、お互いを知ったり友情を深めたりチームマインドを決めたりしました。
1日だけ午後にオフがあり、フッセンの街を観光したり散歩したりしました。フッセンの印象は自然が豊かで地元の日光の様な感じでした。
イタリアにはバスで向かい3時間くらいで着きました。一試合目のイタリアとのテストマッチはこのチームの初めての試合ともあり、みんな硬くなっていて負けてしまいました。しかし二試合目はみんな硬さがとれ、日本らしいホッケーができたため勝利でき、テストマッチは一勝一敗で終わりました。
大会地エストニアのタリンには飛行機を乗り継いで行きました。タリンでの大会が行われるリンクはメインリンクが一つとサブリンクが二つある大きい施設でした。
大会初戦は地元チームのエストニアと完全アウェーでしたが、しっかり勝てました。この試合では水田が先発マスクを被りチームmvpも貰いました。その後のクロアチア・オランダ・ルーマニアは危なげなく勝利できました。
最終戦はリトアニア。この世代のU-18では負けている相手で全勝対決で勝った方が優勝・昇格でした。リトアニアはエストニアに近い事もあり、リトアニアの応援が来ていたため、ブーイングなども浴びせられ、エストニア戦よりもアウェーな感じでした。最初に2点先制したのですが同点、逆転と許してしまい負けてしまいました。
今回、僕自身初めての日本代表で海外の相手に自分がどの程度できるか分からなかったのですが、この大会を通して自分がどこを磨かないといけないかどこをもっと改善しないといけないかがはっきりわかりました。次は苫小牧でインカレですが、優勝目指して頑張りますので応援よろしくお願いします。
長くなってしまいましたが、最後までお読み頂き、ありがとうございました。

0 コメント

関西遠征

こんにちは。

東洋大学アイスホッケー部主務の二塚です。

ブログをチェックしてくださっている皆様、いつもありがとうございます。

今後ともよろしくお願い致します。

 

さて、12月3,4日で関西大学とのテストマッチの為、関西遠征に行って来ました。

2日間で2試合、東京からバス移動して来た選手にとっては、かなりタフな試合でしたが、結果は5-4と4-0で、2試合とも勝利致しました。

1試合目は移動の疲れからか、全体的に動きが良くなく、先制点を許してしまい、その後も入れては返されの繰り返しでした。

なんとか終了間際に逆転に成功し、勝利することが出来ましたが、2試合目に課題が残る試合となってしまいました。

 

そして、翌日の2試合目、2試合目は変則的なルールで行われ、1,2ピリは通常通り行い、3ピリは両チームがパワープレーとキルプレーを行う、というルールでした。

序盤から東洋のプレーを続け、1ピリに3点という大量得点を奪えました。

2ピリは無得点でしたが、大きなピンチもなく、安定していました。

3ピリは5-3と4-3を、正味3分ずつ両チームとも行いましたが、双方とも決めれず、そのまま試合終了となりました。

 

今回の遠征はU20日本代表組が不参加だったため、少人数でしたが、全員でプレーし、2試合とも勝てた事は良かったと思います。

12月10日に、もう1度関西大学と東京で試合を行いますが、地の利も活かしながら、勝てるように頑張ります。

 

長くなってしまいましたが、最後までお読み頂き、ありがとうございました。

0 コメント

秋リーグ終了

こんにちは、主将の人里です。

 

秋リーグではたくさんの応援ありがとうございました。我々選手は本当にたくさんの方に応援していただき、支えられ、今このチームでプレーできていることに感謝しています。

 

リーグ戦は14試合9勝1敗4分け、3位という結果で終わりました。

3位という結果は全く満足できる結果ではなく、優勝するチャンスがあっただけにとても悔しい気持ちです。

僕が入学してから優勝することができず、毎年悔しい思いをし、最終学年になった今年こそは絶対に優勝したいと強い気持ちで臨んだリーグ戦でしたがこのような結果で終わってしまい、残念な気持ちと、応援してくださる方に申し訳ない気持ちでいっぱいです。ですが、まだインカレという舞台が残っているのでそこで必ず結果を残し、大学の方や保護者、チーム関係者などたくさんの人に恩返しをしたいと思っています。

リーグ後半戦では優勝をかけての3連戦で負けたら終わりという中の初戦、中央大学戦ではチームが一つになり、今年のベストゲームではないかというような試合ができ5‐2で勝ち、その後の明治大学戦では今まで経験したことのない優勝へのプレッシャーなどで動きが硬く本来のプレーをすることができず2‐5の完敗。この時点で優勝はなくなってしまいました。

この時点で順位は決まっていましたが、リーグ最終戦、4年生にとっては東伏見でのラストゲームとなる早稲田大学との試合が残っていました。4年間たくさん練習や試合をしてきたリンクでの最後の試合と考えると少し寂しい気持ちにもなりました。

僕たち東洋大学にとっても非常に大事な試合になる、と監督から言われていて序盤は少し硬さがありましたが点数が入り落ち着きを取り戻し普段の東洋ホッケーができてよかったと思いました。終盤に連続失点をしてしまい勝つことはできませんでした。僕たち4年生にとって最後の試合だっただけに、本当に勝って締めくくりたかったので残念な気持ちでした。

 

これからはインカレまでの1カ月間、秋リーグで見つかった修正点をしっかりと改善し1月の大会に向けて準備し、インカレでは最高のパフォーマンスをできるように日々、全力で頑張りたいと思います。

応援よろしくお願いします。

 

0 コメント

明治戦を終えて

東洋選手ブログをご覧のみなさんこんにちは。

3年GK 梅庭宏仁です。

 

本日行われた、明治大学との試合は2-5で敗れてしまいました。

 

 今日の試合を振り返ってみますと、先日の中央大学戦と同じく、先に2点取られて追いかける展開となってしまいました。選手の全員は今日負けたら秋リーグ優勝、全日本選手権の出場権を逃してしまう事を知っていたのでもちろん諦めたり下を向く選手はいませんでした。ですが、勝たなきゃいけないプレッシャーや緊張からか、東洋のホッケースタイルである、スピード、フィジカルプレーがスタートから思ったようにできていませんでした。内容的にはスコアリングチャンスは明治大学と同じくらい多々ありました。ですが決めることが出来ず第2ピリオドを終えて0-5。試合を上から見ていた私も多少感情を抑えきれない部分もありましたが最後まで選手達を信じてサポートしようと思いました。

 

第3ピリオド前に監督から「東洋のプライドと意地を見せてほしい」という言葉に選手達は闘志を取り戻し2点取り結果的には2-5で負けてしまいましたが東洋の意地は見せてくれたと思います。

 

この敗戦で秋リーグ優勝と全日本選手権の出場は出来ませんが、まだ27日最終戦の早稲田戦が残っています。最後の大会であるインカレに向けて大事な試合です。負けた事は引きずってもなんのプラスにもなりません。私達はインカレ優勝に向け気持ちを切り替えて努力するだけです。そのために最終戦、気持ちを入れ直し東洋のホッケーを60分間プレーして勝利し、インカレに繋げたいと思います。

 

最後になりますが、いつも東洋アイスホッケー部を応援してくださっている皆様、引き続き熱い応援をよろしくお願いいたします。共に戦いましょう!!!

0 コメント

中央に勝利!

こんにちは、3年長原和志です。

 

先日行われた、中央大学との試合は5-2で勝利することができました。

 

立ち上がり早々に2失点はしたものの、焦らずに東洋のホッケーを続けたことにより得点を重ねることができました。全員がHard Workをし、シンプルにプレーが出来ていた結果だと思います。この結果が生まれたのは、全員が目的をしっかりと持ち、その目的のために積み重ねて来た自信によるものだと思います。その自信からか、いつもの試合とは違い試合中、ベンチ内と前向きな声が多かったと感じます。

 

反省点としては、試合開始早々に失点したことが挙げられます。その点を改善できるようにし、あとは各個人の改善するべきところを改善して、次の明治戦に向かっていきたいと思います。

 

残すところ2戦となった秋リーグですが、僕たちだけの力だけではなく、応援してくださる皆さんと勝ち進んで行きたいと思いますので応援のほど宜しくお願いします。

0 コメント

秋リーグ後半戦 スタート!!

 

こんにちは、3年成田壱皇です。

 

 現在アイスホッケー部は秋リーグ真っ只中ですが、毎週末の試合に向けて毎日氷上練習やウェイトトレーニングに明け暮れています。

 

 秋リーグの前半戦は引き分けはあったものの、負けなしで後半戦へ折り返しています。前半戦のチームの反省点はいつも課題となる反則を抑えることであったり、もっとフィジカルにプレーすることや、システム面の再確認など多くあります。春大会のリベンジをするためには少しでもミスを無くし、東洋らしいスピード、フィジカルなプレーをすることで優勝が見えてくると思います。


 個人的の反省点は、ここ最近反則が多くチームの勢いを落としてしまっているので、後半戦は逆にチームに勢いを与えるようなプレーでゴールに絡んでいきたいです。


 ここ数年なかなか勝てていない中央、明治、相手にも一年生から四年生全員で一丸となって今年こそは必ず優勝する意気込みでチャレンジャー精神で挑み、春大会のリベンジをします。

 

最後になりますが、後半戦も東洋らしいホッケーでリンクを沸かせるので、是非リンクに足を運んで応援よろしくお願いします。

 

 

0 コメント

秋リーグ開幕!

こんにちは、3年山田大雅です。

 

先日僕達は8月12日から八戸〜苫小牧と続いた夏合宿の全日程を終え帰京しました。夏合宿では1日2回の氷上練習の後に陸上トレーニングやウエイトトレーニング行いました。身体的にもメンタル的にもかなりキツい合宿ではありましたが、チーム全体で助け合いながら共に乗り越えることができたため、とても成長したことを実感した合宿でした。合宿の中で韓国の延世大学と練習試合をしました。他国の大学なかなか試合が出来る機会が少ない為いい刺激となりました。また、八戸では東北フリーブレイズ、苫小牧では王子イーグルスといったプロチームとも練習試合をしていただき、勝つ事は出来ませんでしたが、色々と勉強になることがあり、貴重な体験をしました。

 

夏合宿最後のサマーカップでは2回戦敗退し、敗者戦を戦い位という結果に終わりました。目標の優勝とはなりませんでした。課題は勿論ですが、自分達の自信になる物も得られた大会となりました。

 

そして今日からリーグ戦が開幕します。自分達が4月からやって来たことを全て出し切り、今年の目標の1つでもある秋リーグ優勝をするためにチーム一丸となって戦います。

 

0 コメント

陸トレが始まりました!

秩父宮杯を終え、自主トレ期間でそれぞれ体を調整し、

先週からチーム全体として陸上トレーニングが始まりました。

 

陸トレ初日に6種目の体力測定を行ない、

このスコアをもとに、選手各自が目標設定をしました。

 

これからの陸トレ期間にそれぞれのスキルアップが期待されます。

 

 

また先日、GK34古川駿が他校のGKと対談した様子が

Tokyo Icehockey Channelにて特集されています。

 

ぜひご覧ください!

 

http://icehockey-ch.com/2016-interview-4gk-1

0 コメント

秩父宮杯を終えて

こんにちは。
今シーズン主将を務めます人里 茂樹です。

 

先週の早稲田戦のことを書きたいと思います。
結果は5-2で勝利し大会を3位で終えました。

試合終盤まで相手チームを0点で抑えていたのですが、自分たちの守りの簡単なミスで相手チームに得点を許してしまい、完封勝利とはなりませんでした。
この試合の2日前には選手だけでミーティングをし中央大学戦での反省を行いました。

そこでキーワードとして出たのがDゾーンのコミュニケーションとペナルティのことでした。早稲田大学戦ではペナルティが少なくとても良かったと感じています。ですが、Dゾーンのミスで失点してしまったことはまだまだ反省しなければいけないことだと思います。

 

今回の大会では優勝を目指し春の合宿からスタートしましたが、3位という結果に終わってしまいとても悔しいです。
次の試合までは期間が空くので今回の大会で良くなかったことを反省しそれを改善して次の大会に向かいたいと思います。

チームとしては8日までOFFに入り次の週から陸トレ、ウエイトトレーニングがスタートします。残りの大会でしっかりといい結果を出すためにオフアイスのトレーニングから頑張りたいと思います。

0 コメント

秩父宮杯 3回戦を終えて

皆さんこんにちは。
今年度 副主将を務めさせて頂いております、宮倉翔太です。

 

23日の土曜日に、秩父宮杯 準決勝 vs中央大学戦がありました。結果から報告させていただきますと、4対4のスコアで、延長戦ののち、PSで負けてしまいました。

 

この中央大学という相手は、この前のインカレだけではなく、毎年毎年、悔しい思いをして負けてしまうチームであり、三冠を狙うこのチームにとって、倒さなければいけない相手の一角でした。選手も日々一生懸命練習していく中、この試合を迎えて、やはり反則が18分間もありました。キルプレーでの失点や、流れを崩すことを無くそうと努力してきましたが、この試合で18分間のキルプレーは、誰が見ても良くないことだと思います。5人対5人でプレーしている部分では、劣ってなく、スコアリングチャンスもかなりあった為に、すごく勿体無い試合でした。ここ三年連続、決勝戦は、中央大と明治大でしたので、今年は東洋大が決勝へ進まなくてはと思っていましたが、とても悔しい試合となってしまいました。

 

決勝へ進むことは出来ませんでしたが、来週の29日の金曜日に、早稲田大学との3位決定戦がありますので、応援の方宜しくお願い致します。


是非、会場へと足を運んでいただき、東洋大学のアイスホッケーを見て頂きたいと思います。

0 コメント

秩父宮杯  2回戦を終えて

こんにちは。
4年の中澤走飛です。

 

先日、行われました法政大学との試合は5-1で勝利することができました。

 

点数は入ったものの1試合を通して見てみると決して良い試合と言えるような内容ではありませんでした。
春合宿から練習してきたDゾーンでのコミュニケーションが上手く取れていなかったり、去年からチームの課題として取り組んできた反則を減らすという点ができておらず満足のいく内容ではなかったように思います。
しかし、そんな中でもPPでのゴールが3つあったこと、反則が多かった中でもPPゴールを許さなかったことは次戦にむけて大きな収穫だったと思います。


今週は昨年3冠を達成した中央大学との試合です。

昨年も準決勝であたり逆転負けをし、非常に悔しい思いをしました。いつでも自分達がチャレンジャーであるという気持ちを忘れずに全力でぶつかっていきたいと思います。


昨年の雪辱を果たし決勝に行けるよう全力で頑張りますので応援よろしくお願いします。

2 コメント

秩父宮杯 1回戦を終えて

皆さんこんにちは。
副主将の田中健太郎です。
 
新チームとして3月9日から苫小牧で合宿をスタートし、3月23日からは東京に練習の場を移して、フィジカルの強化ウェイトトレーニング・陸トレ)、チームシステムの実践力・理解度の向上、個人スキルの向上を目指して練習をしてきました。また、新一年生は入寮式を終え着々と東京での新生活にも慣れてきました。

 

始動から丁度一ヶ月となる4月9日、新チームとして初の公式戦となる秩父宮杯第64回関東大学選手権大会・1回戦において、立ち上がりに少し時間はかかりましたが21-0という結果で立教大学に勝利することが出来ました。合宿と練習の成果がこのようなスコアに繋がったと実感しています。

今後もチームの目標である「優勝」を目指し、毎試合、立ち上がりで良いスタートを切ることを意識するとともに、チャンスを活かしてゴールへと向かう姿勢、そして、決める!という強いメンタリティーを持ち続け、最初のシフトから東洋らしいホッケーをし、全員で守り、全員で攻めるというチームワークを益々高めていきたいと思います。

 

内容も大事だが春の大会はトーナメントということで一発勝負であり結果がすべてです。チーム全員で良い調整をして4月17日の12:30から東伏見ダイドードリンコアイスアリーナで行われる法政大学との準々決勝へと繋げていきたいと思います。

チーム一丸となって目標へと向かっていきますので応援の方を宜しくお願いします。

0 コメント