法政大学戦

 

 

3年の奇淨賢です。

 

 

先日行われた法政戦では、怪我人も多い中5対3という結果で勝利しました。

 

 

1巡目の法政戦では接戦の末に負けましたが、

 

オフェンスチャレンジ、DFのギャップコントロールなど

 

日頃からやってきた練習を試合に生かせることができました。

 

 

一次リーグは4位という悔しい結果で終わったので、

 

選手陣一人一人が気を引き締めて挑めた試合だと思います。

 

 

しかし、内容としてはニュートラルゾーンでのターンオーバーも多く、

 

リスクの高いプレーが多かったです。

 

 

東洋はこれからの試合が全部、重要になってくるので、

 

こういった部分を改善し、東洋のホッケーである、

 

フィジカル、スピードなプレーを続ければ、

 

いい結果を残すことが出来ると思います。

 

 

毎試合相手を見下さずリスペクトし、

 

常にチャレンジ精神を持って、全力を尽くしていきます。

 

 

 

上位戦を含めて9試合、全試合勝って優勝を目指すので、

 

皆様の応援のほどよろしくお願いします。