中央戦

 

 

2年の長原正樹です。

 

 

先日行われた中央大学との試合は

 

主力である柴田選手が怪我のためいない中、

 

チームの結束力で試合を制することができました。

 

 

第1ピリオド中央大学に先制をされるも、

 

第2ピリオドに古川誠也選手の得点で同点。

 

その後激闘を繰り広げ、試合終了約30秒前2-3で負けている中、

 

武部選手が同点ゴールを挙げ3-3。

 

試合はGWSへ。

 

 

古川駿選手のナイスセーブと

 

出口選手の華麗なテクニックが光り、

 

試合を制することができました。

 

 

 

この勢いのまま一戦一戦大切に、

 

チーム力で突き進んでいきましょう!