東海戦

 

 

2年の岩田尚都です。

 

 

先日行われた東海大学との試合は、

 

1ピリオドに先制点を許してしまい

 

ベンチの空気から多少焦りを感じましたが

 

相手のゾーンにいた時間が長くスコアリングのチャンスが多くあり

 

すぐに逆転し勝利する事が出来ました。

 

しかし、もっともっとシュート精度、決定力を磨いていけば

 

どんな状況でも得点を挙げる事ができると思います。

 

 

個人的には、この試合で初めて公式戦に出場する事が出来ました。

 

やはり緊張感は練習や練習試合とは雰囲気が違いました。

 

はじめは緊張感はあったものの1失点をしてからなくなり

 

自分なりのプレーが出来たと思います。

 

自分なりのプレーが失点しなくてもできるように練習して

 

また試合に出場してチームの勝利に貢献してきいたいです。

 

 

応援よろしくお願いいたします。