慶應戦

 

 

2年の武部虎太朗です。

 

 

先日行われた慶應義塾大学との試合は、

 

前日の敗戦から連戦であったものの、

 

しっかり気持ちを切り替えて試合に臨むことができました。

 

オフェンスのチャレンジがよくできていたので

 

相手のペナルティーを誘ったことが、多く得点とれた要因ではないかと思います。

 

コミュニケーション不足であったり、無駄なペナルティーなど

 

自分たちのミスから失点していることが多いので

 

試合を重ねていくうちに改善できたらと思います。

 

 

今週末も試合があるのでしっかりコンディション整えて臨みます。

 

 

応援よろしくお願いいたします。