秩父宮杯 1回戦を終えて

皆さんこんにちは。
副主将の田中健太郎です。
 
新チームとして3月9日から苫小牧で合宿をスタートし、3月23日からは東京に練習の場を移して、フィジカルの強化ウェイトトレーニング・陸トレ)、チームシステムの実践力・理解度の向上、個人スキルの向上を目指して練習をしてきました。また、新一年生は入寮式を終え着々と東京での新生活にも慣れてきました。

 

始動から丁度一ヶ月となる4月9日、新チームとして初の公式戦となる秩父宮杯第64回関東大学選手権大会・1回戦において、立ち上がりに少し時間はかかりましたが21-0という結果で立教大学に勝利することが出来ました。合宿と練習の成果がこのようなスコアに繋がったと実感しています。

今後もチームの目標である「優勝」を目指し、毎試合、立ち上がりで良いスタートを切ることを意識するとともに、チャンスを活かしてゴールへと向かう姿勢、そして、決める!という強いメンタリティーを持ち続け、最初のシフトから東洋らしいホッケーをし、全員で守り、全員で攻めるというチームワークを益々高めていきたいと思います。

 

内容も大事だが春の大会はトーナメントということで一発勝負であり結果がすべてです。チーム全員で良い調整をして4月17日の12:30から東伏見ダイドードリンコアイスアリーナで行われる法政大学との準々決勝へと繋げていきたいと思います。

チーム一丸となって目標へと向かっていきますので応援の方を宜しくお願いします。